避暑地での読書
b0174452_0322832.jpg


今回の水彩教室は、白い物を描くという練習で、モチーフは白い貝殻、卵、プラム、古い洋書、ブーゲンビリアでした。

生徒さんがとても素敵にモチーフを組んでくれて、まるでどこかリゾート地で読書を楽しむひととき…という雰囲気になりました。モチーフに物語があるのは、いいですね。出来上がった絵も、とても素敵でした。

白い物を描くというのは、水彩画の場合は、少しコツがあります。白い絵の具は使わないので、紙の白さを生かしつつ、白い物に映るかすかな色味を描くことによって、白を感じさせるのです。背景を塗って、白い物を浮き立たせることもあります。

貝殻などは、模様にとらわれず、まずは全体の陰影を描いて、あとから模様を描くと、良い感じになります。

すべて白いものばかりのモチーフを美しく描けたら、かなり上級ですね。いつか挑戦しようと思っています。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村 美術ブログ パステル画へ

[PR]
by *mino* | by sakuradome | 2011-07-23 09:18 | お絵描き教室
<< 初夏を惜しんで キャベツや卵… >>