曼荼羅アートを描いてみました
b0174452_23153089.jpg


以前から、やって見たかった曼荼羅アート。念願が叶って、ワークに参加することができました。しかも、とてもご近所で…。

b0174452_23153134.jpg


b0174452_23153140.jpg


先生と、ご一緒したSさんの作品です。

先生は、ぱすてるままさんです。ブログで、パステル和アートやカラーセラピーを素敵にやっていらっしゃるのを拝見して、この先生に習いたいなあと思っていた方です。お子さんやシニアの方にも、ワークをしていらっしゃいます。細かいお心遣いが沢山感じられて、とてもありがたかったです。私たちの状況を見ながら、臨機応変に対応してくださって、本当に感謝です。

はじめはポストカード大の紙に練習です。

これがもう楽しいのなんのって…。しかも、きれいな色を粉にして、指で直接くるくるするのが、なんとも気持ちがいいのです。心に色が沁み入る感じ…。

b0174452_23364651.jpg


ちょっと家紋みたいになってしまいましたが、一応、光が射しているつもりです。

もうお一人、ご一緒したのは、とても可愛らしくて清楚な方で、作品もとても清々しいさわやかな色合いで素敵でした。なぜか、私たちの色が似るのが不思議でした。

好きな色で描いたので、それも嬉しかったし、粉をたっぷり使って、少しずつそれを混ぜ合わせていく作業は、ついつい夢中になってしまうほどでした。

次はいよいよ、四角い紙に描きましたが、あまりにも入り込んでしまった私たちに先生は、沢山時間を割いてくださって、最初の一枚は随分時間をかけて描きました。

b0174452_23153240.jpg


最初は力が入っていたのですが、だんだんコツがわかってきて、力も抜けて、その頃には楽しさは最高潮。

もう夢中で描いていて、普段はああだこうだと色々なことを考える私の頭も、きれいな色と美しい線を描くことに夢中で、ほぼ空っぽ状態でした。それもいいんですよね。

はじめの一枚に随分時間をかけてしまって、でも、先生のご配慮で心行くまで描かせていただいて、描き切った~と満足感がありました。

b0174452_23153367.jpg


あとは、あまり時間をかけずに、どんどん描いてみたのですが、今度は結構短時間で描けたので、なるほど~こういう風にも描けるのかと、これまた納得。

b0174452_23153448.jpg


いつものモチーフを置いて描くやり方と違って、心に浮かぶままにどんどん描いていきますし、うまい下手という次元ではないし、セラピー性も高いので、普段の絵に対するアプローチとは、少し違いますが、もともと考案された方の趣旨もきちんと説明していただいて、とても深い世界ではないかと思います。

ただただ夢中で色を塗り、日常から離れて、本当に幸せなひとときでした。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

[
[PR]
by *mino* | by sakuradome | 2011-09-30 17:04 | 曼荼羅アート
<< 榎木孝明さんのスケッチ展 水彩は難しく、面白い >>