パステル和アート1DAYスクーリング
b0174452_132224.jpg

b0174452_1324536.jpg

b0174452_13242237.jpg

b0174452_13244774.jpg

b0174452_13251651.jpg


昨日、パステル和アートの上位認定1DAYスクーリングに参加してきました。これは、パステル和アートの準インストラクターの方が正インストラクターになるためのスクーリングです。そこで描いた絵です。(新しいスキャナーのせいか、色が濃いですね。でも、実際も結構濃いです。スキャナーの使い方、もう少し研究しないといけませんね)

私は2004年に正インストラクターになった古株なのですが、最近の新しい作品を知りたくて参加してきました。

b0174452_135563.jpg


皆さんの作品です。一番右が代表の細谷さんのさすがの作品たち。どれもきれいでくらくらしました。

パステル和アートの代表の細谷さんには、その頃本当にお世話になって、合同展やいくつかのワークを受講させていただきました。久しぶりに話もはずんで、とても嬉しかったです。細谷さんは、私が知っている和み系男性のTOP1ではないかというお人柄で、お仕事も素晴らしくきちんとされているし、なによりも信念がぶれない所がずっとひそかに尊敬させていただいている所なのです。

そして、今回も改めて驚いたのは、かなりの作り込んだ画面を本当に誰でも描けるように考えられた技法のクオリティーの高さです。

私自身、美大にも行き、デッサンやら専門的な絵画も学び、日本でも有数の画家の方に直接教えていただくというありがたい体験もさせていただきましたが、絵はたしかに難しいのです。

水彩教室でも、上手く描けなくて少しがっかりされている様子を見ると、色々考えることもあります。右脳で描いてみるレッスンをしたり、あれこれやってみるのです。もちろん、本当に絵が好きで、難しくても、うまく描けなくても、それでも描きたい人はいいのです。

「ただ、楽しみで描きたい」、または絵が苦手でトラウマがあるけれど、本当は描いてみたいという方には、パステル和アートは素晴らしいなと思います。

私がずっと目指しているいわゆる純粋芸術といわれる絵画の世界とは、取り組みの方向は違うかもしれません。けれども、自分なりにこういうアプローチもいいなあとむしろ最近思うようになっています。

4月からは、パステル和アートのクラス(4月12日(木))と、準インストラクター養成講座(4月7,8,15日(土、日、土))、曼荼羅ワーク(3月17日(土)、4月29日(日))の開催を予定しています。絵画教室(デッサン、水彩、油絵)(4月5日(木))も企画中。絵にまみれます。

そうそう、3月8日からは八王子画廊散歩というイベントに油絵を二点出す予定です。
今、必死に描いているところ…。また告知します。


3月17日(土)の曼荼羅ワークのお知らせはこちらです。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

[PR]
by *mino* | by sakuradome | 2012-02-17 13:20 | パステル画
<< パステル画ともう一つのブログ 3月の曼荼羅ワークのお知らせです! >>