2012年 06月 02日 ( 1 )
by *mino* |
水彩もグリザイユで
b0174452_1735487.jpg


油彩では、グリザイユといって、あらかじめ白と黒で下地を描き、乾かしてから上層描きをする古典技法がありますが、水彩でもグリザイユをやらせてもらいました。

赤やグリーンで下地を描く場合は、カマイユとかベルダイユと言うようですが、何にせよ、一色で陰翳をつけておくのです。

そうすると、上層描きをしたときに、透明水彩だと下の色が透けて見えるので、とても面白い効果があるんですね。

これまでブルー系や茶系でやったことはあるので、今回はちょっと趣向を変えて赤紫、ウインザー&ニュートンのペリレーンバイオレットという色でやってみました。

なかなか、濃い部分が出しにくく、苦労しましたが、練習ということで色々挑戦です。

これを利用して、色々雰囲気のある絵が描けそう。全部にグリザイユをするのではなく、物によってやるのも良いかも。…というのは、果物などカラフルなものだと、少し色が妙になる可能性もあるのです。

でも、それを逆に利用するのも面白い気がします。まだ、自分のものにできていないけれど、これは幅広い表現ができそうです。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

[PR]
by *mino* | by sakuradome | 2012-06-02 17:50 | 水彩画