カテゴリ:水彩画( 45 )
by *mino* |
雨の日の向日葵
b0174452_1675086.jpg


梅雨らしい天気が続いていますね。さすがに、青空やカラッとした空気が恋しいです。

猫さんたちの妨害をなんとかかわしながら描いた向日葵。やめ時が難しい。つい、やり過ぎます。

iPhoneで撮るとかなりくっきり鮮やかになるので、原画はもっと淡い上に、描いたすぐよりも乾くとさらに少し薄くなるので、画像とちょっとイメージが違うかな。

次は、油彩で何か描こうと思っていたら、庭の紫陽花がとても綺麗で、また水彩で描こうか、迷います。
[PR]
by *mino* | by sakuradome | 2011-06-13 15:51 | 水彩画
またまた芍薬
b0174452_2219282.jpg

前回の更新からなんて時間が経ってしまったのでしょう。iPhoneにしてから、めっきりパソコンを開く時間が減ってしまったのと、パソコンに向かう時間があるのなら、少しでも絵を描きたいと思ったのです。思っただけなんですけどね…。

iPhoneで簡単に投稿できるアプリもあることですし、実は12月に銀座の月光荘で個展の予定もあるので、またちゃんと更新したくなりました。iPhoneからです。

前回も芍薬ですが、またまた芍薬です。猫たちが、いつもこんな感じで、そばにいます。


b0174452_22192953.jpg

最終的にはこんな風になりました。iPhoneで撮ると、実際よりもくっきり鮮やかになるようです。実際は、もう少し淡いです。iPhoneで撮ったように描けるといいのですが。

明日はひまわりとレンギョウ、アルストロメリアを描く予定。お花が枯れませんように。
[PR]
by *mino* | by sakuradome | 2011-06-05 22:01 | 水彩画
平和の小冊子の表紙
私がお世話になった鈴木秀子先生の講話集の表紙の絵を描かせていただきました。

b0174452_23104046.jpg


沢山の方に受け取っていただきましたが、まだあと少しだけ在庫がありますので、ご希望の方には、コメントでお知らせいただければプレゼントさせていただきたいと思います。
[PR]
by *mino* | by sakuradome | 2011-06-05 04:02 | 水彩画
今年最後の芍薬
b0174452_1351916.jpg


更新するのが、随分久しぶりになってしまいました。結構、沢山描いていたつもりなのですが、なかなかアップできませんでした。

この絵も、描いてからしばらく経っています。芍薬です、お花屋さんで、今年もう最後になるだろうと言われて、奮発して買ったものです。

ものすごく甘くて、優しい良い香りが漂います。見ていても本当に美しい…。

つぼみはしっかり丸くて、それも可愛いのです。

水彩画は、描き終わったあと、少しずつ色が褪せてしまいます。かなり濃く描きましたが、やはり少しずつ薄くなっています。そこを見越して、濃い目に描いたりすると良いのですが、時々忘れます。

ずっと描いていたら、最後には花びらがごっそりテープルの上に落ちましたが、その姿もまた風情があって、良かったです。

この花を買ったお花屋さんとは、すっかり顔馴染みです。安くて、いい感じのお花があるので、助かっています。
[PR]
by *mino* | by sakuradome | 2010-09-01 01:43 | 水彩画
芍薬
b0174452_15344247.jpg


これは芍薬です。牡丹と似ているけれど、牡丹は木なんだそうで…。
よくわかりませんが…。

華やかな花ですね。描くのはかなり難度の高い花でして…。
この絵も、うまく描けたと思うところと、失敗しているところがありますが、載せてしまいます。

難しいけれど、水をたっぷり使って、きれいな色の絵具をその上にぽんと置いたときに、さーっと色が広がるときの、なんともいえない気持ち良さは、初夏にはぴったりです。

ただ、かなり濃く乗せても、時間が経つと薄くなります。その変化を予測しながら、色をつけないと、淡~くなってしまうのです。

淡い水彩画もそれらしくて素敵ですが、ちょっと重厚な感じを出したいのです。そこが、なかなか難しい。

寒色の絵を描くと、次は暖色を使いたくなります。これから描く絵の背景は、黄色系にしようかな。
[PR]
by *mino* | by sakuradome | 2010-06-10 15:42 | 水彩画
魔法使いは薔薇を使う…
b0174452_15211993.jpg


このところ、水彩画を少し集中して描いています。…といっても、このあとはちょっと油彩も描くつもりですが…。

今、薔薇の季節ですね。

薔薇というのは、不思議な花です。花はどれも私たちのネガティブな思いを吸ってくれたり、エネルギーをくれたりするようですが、私の場合は、薔薇が特に良いようです。これは、ちゃんとある方に証明してもらったので、私はそう信じているのです。

でも、人に言われたからというわけでもなく、薔薇はとても好きでしたし、なんだか気になるし、不思議と心に良いのです。

清楚な薔薇もあれば、濃厚なものもあり、密かに棘も隠し持っているし、儚げな薄い花びらや、濃厚な深紅の花びらもあって、興味の尽きない花です。

でも、おそらく薔薇を私は魔法のツールとして使っています。薔薇を部屋に飾っておくと、そこにいる人のエネルギーがうまく調整されるのです。本当ですよ!

…ということで、薔薇にまつわるものを身近に置きつつ、薔薇の絵もしつこく描いているのです。

猫の名前も'みにばら'っていいます。
[PR]
by *mino* | by sakuradome | 2010-06-10 15:30 | 水彩画
「展覧会の絵」を聴きながら
b0174452_11234041.jpg


先日、辻井伸行さんが、「展覧会の絵」を弾いているのをテレビで見ました。はじめ、なかなか表現しきれなくて、ピアノの前でじーっと悩んでいる姿を見て、「おんなじ姿をうちでも見る」と家族に言われました。

私も、よく、描いた絵をずーっと睨んでいることがあるのです。うまく描けないと、何がいけないんだろう、どうしたらいいんだろうと、睨みながら考えています。なんとなく、いい感じに描けたときは、それを覚えおこうと思って、またまた眺めます。

とにかく、絵を睨んでいる姿は、怖いらしいです。

芍薬と薔薇とトルコ桔梗…。花を描くのは難しいけれど、やはり楽しいのです。そして、「展覧会の絵」を聴きながら描きました。絵を描くときに、音楽をかけると、大胆になれたり、エネルギーをぶつけることができたりして、なかなか都合が良いのです。

この花たちは、香りが素晴らしくて、本当にうっとりするような良い匂いが漂っていました。

ただ、猫たちが、花を食べようとしたり、水に手を突っ込んで飲もうとしたり(絵具は毒だから、蓋をしながら描いてます)、レモンを転がすし、今抜け毛の季節だから、細い毛がふわふわと舞って、パレットや画面につくし…本当に大変。でも、絵になる存在です。猫は動いて難しいから描きませんでしたが…。

そうそう、白をたくさん使ってみました。水彩のときって、白は普通使いません。画面の白を生かすというのが原則らしいんですが、ガッシュの白をがんがん使ってみました。白を使うと、重厚感がでる気がします。

水彩で時々物足りないのは重厚感かな。白を使うとぐっと立体になって、厚みが出る気がします。使いすぎもいけないかもしれないけれど、あれこれ試行錯誤です。

実際の絵は、もっと薄いんです。画像はなんだか濃くなってしまう…。
[PR]
by *mino* | by sakuradome | 2010-06-01 11:24 | 水彩画
初夏の野菜
b0174452_11163299.jpg


久しぶりの更新になってしまいました。

このところ、四苦八苦して色々試しているので、なかなか載せられる絵にならなくて…。

うまくいかないときは、たぶん方向性が違うということかもしれません。

水彩は、やっぱりそういうときに、さっと描けて、気持ちも乗せられるからいいんです。

竹の子や空豆、茗荷、蕪…。初夏の野菜ですね。遠くのものははっきり描かないのは、人の目の焦点ってそうだから…。
[PR]
by *mino* | by sakuradome | 2010-06-01 11:21 | 水彩画
花の色
b0174452_18484959.jpg


油絵ばかり描いていたので、水彩画の練習中です。

今年は、ありがたいことにグループ展を初夏と秋に予定しています。さらに、4月25日から、あるイベントに水彩2点、8月にも油彩1点を出す予定で、そろそろどんどん描かないといけません。

それで、水彩画を練習しているのですが、やっぱり水彩って難しいんです。
描き直しができないし、あらかじめ、白い所や明るい所は残さないといけないので、ある程度の計算をしないといけません。

…っていうか、計算なんてできる頭ではないので、明るい所は残して…というくらいの感じですが。

描きながら、「あ~、なんて下手くそなんだ~」と頭を抱え、とほほな気分になったので、少し休憩。

今年は人物を描きたいと思っています。どんなテーマで描くか、どんな描き方にするか、支持体はどうするか、あれこれ考え中。

こうやって考えているときが、至福の時…。
[PR]
by *mino* | by sakuradome | 2010-03-30 19:06 | 水彩画
今年最後…かな
b0174452_13595918.jpg


今年は、なんて速かったのでしょう。いつもの年よりも、はるかに時間の進みが速い気がしました。

この絵は、今年最後の水彩画になるかと思います。

来年は、水彩も油彩もたくさん描きたいなあ。色々、工夫して自分なりの絵を描きたいのです。

百合は、何回描いたことでしょう。何度描いても難しい。

横にある黒っぽい実は、たしか飯蔓…だったかなと思って、今調べたら、違いました。

「飯桐」でした!

同じときに、「美男蔓」というナイスな名前の植物を教えてもらったので、混ざってしまいました。
[PR]
by *mino* | by sakuradome | 2009-12-14 14:12 | 水彩画